<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

京田辺シュタイナー学校の先生による講演会

f0169856_13332246.jpg
「1年生のことばの授業」

弾むように軽やかな1年生。歌や詩とともにゆったりと体を動かし、お話の世界にじっくりと浸り、文字と出会っていきます。音の響きや豊かなイメージが文字と結びつくことは、子ども達にとって大きな喜びです。1年生に戻った気分で、ことばの学びを体験してみませんか。

講師 京田辺シュタイナー学校2017年度4年生担任 西田 佳代 先生

<講師プロフィール>
西田 佳代 ドイツのユーゲントゼミナールでの生活を通して、シュタイナー教育と出会う。帰国後、保育士として保育園に勤務。2014年、シュタイナー教育教員養成講座を終了し、同年より京田辺シュタイナー学校教員を務める。現在4年生クラス担任、専科専科では1・2年の音楽を担当している。

日 時 : 2016年6月17日(土)午前10時~12時
参加費 : 2000円
お申込 : 電話かFAXでお申し込みください。

※今回は大人のための模擬授業ですので、お子様はできるだけお預けになってご参加ください。
 子どものための保育もできませんのでよろしくお願いいたします。

くすのき園あびこシュタイナー幼稚園
〒558-0032 大阪市住吉区遠里小野 5-7-28
Tel/Fax 06-6608-8080
    (保育中は留守電にしていますので伝言をお願いします)
夜間連絡先 06-6661-7193 (樋口まで)

by kusunokien | 2017-04-19 20:32 | 学びの会

色の不思議 にじみ絵の世界

 お空の虹の橋
 お空いっぱいきれいな色
 お空の虹さん降りて来い
 私のところへ降りて来い
 私はおまえと
 お絵かきしたいの

 子どもたちは、このうたを歌ってにじみ絵をします。にじみ絵とは、水でぬらした画用紙の上に、植物性の透明絵の具、赤、青、黄の色で自由に描きます。紙がぬれているので色がにじみ、赤と黄色が混ざるとオレンジ色が生まれ、黄色と青が混ざると緑が出来ます。子どもたちの絵は自由に描いているうちに様々な色が生まれ、形が変わり、刻々と絵は変化していきます。

 にじみ絵はどの子も大好きな活動の一つです。シュタイナーは、「私たちは、線描画を描くときは本質的に死んだものを描いているのです。それに比べて、色彩を使って描くときは、色彩の中から生きたものを呼び覚まします。」といわれます。
それゆえ、シュタイナー教育では、子どもたちを色彩の世界に親しませることを大切にしています。では、

 色はどうして生まれるのでしょうか?

くすのき園に「おひさまがかぜをひいたら」という絵本があります。
ある朝、いつものように目をさましたお日さまは高熱を出し、世界に色を塗っていく仕事ができなくなります。そこでお日さまは、見習い坊やに頼んで色塗りをまかせます。ところが見習い坊やは、間違いだらけの色を塗っていくのです。歯の色が真っ赤だったり、鼻血の色が緑だったり、くだものや信号機、動物たちの色もめちゃくちゃ。世界は大混乱になるというお話です。
もしも本当にこんなことがおこったら、気が変になってしまいますよね。でも、
地球上の大半を占めている空の色はどうして青色なのか、植物の葉の色はどうして緑色なのか。考えてみれば不思議です。

ゲーテは、「光が単独で色彩を生み出すのではなく、色彩は光と闇が出会う境界において初めて生じる。」と述べています。色彩が生まれるためには光と闇が触れあわなくではならないというのです。ゲーテは実験から、白く見える光を弱くしていくと黄色が現れ、オレンジ、赤と変化していきます。また、暗くて何も見えない状態から光を強くしていくと青色が現れ、水色、緑、黄緑と変化していくことを知りました。

このことは、沈む夕日を見たとき実感できます。太陽の色は空の高いところにあるときは白に近い色をしています。だんだんと西の空に傾いていくと(闇に近づくと)黄色になり、沈む前にはオレンジに変化していきます。  
刻々と時間が経つにつれて空の色や雲の色が様々に変化していく様は、まさににじみ絵の世界なのです。シュタイナーは子どもたちに、にじみ絵を描くことによってこのような体験をして欲しいと願ったのでしょう。自然の色は本当に美しいです。

 色は、私たちの心にも働きかけます。赤色を見ると活動的になったり、怒りを表したりします。青は平静さや悲しみを、黄色は明朗活発。オレンジ色は暖かさを感じ、朱色はエネルギーを感じられます、緑色は見ると心が落ち着きます。色は、私たちの心を癒し感情を豊かに育んでくれます。

 今まで、当たり前のように思っていた、空の色が青いのも植物の色が緑色なのも、私たちが心穏やかに平安に暮らしていけるようにという神様からの贈り物なのでしょう。

シュタイナーは色についてこんなことも述べています。
 「肉体は空気を呼吸しますが、私たちの生命体は光を呼吸します。私たちが空気中の酸素を吸収してそれを炭酸ガスに変えるように、生命体は光を吸い込みますと、自分の中で光を消化し、その光を暗くします。私たちはその光を受けて生きていくのです。そして、その闇を吐いたとき、その光が色彩となって輝き出るのです。」と 

 私たちが、光を吸い込み闇を吐き出すとき、色彩が生まれるというのです。嘘のような話なのですが、考えてみると生命のいない月には色がありません。

 私たちは、生きているだけで、地球上にこんなにも美しい色を生み出していると考えると、生きている意味を見出すことができます。たとえ、寝たきりになっても、重いしょう害があっても、人に迷惑をかけるだけの存在であってもかけがえのない命なのだと。
そして、この地球に存在す、鳥や虫、動物たち。草木、花。みんなでこの美しい色を織り成してくれていると思うと愛おしさがこみ上げてきます。
生きとし生けるものみんな大切なものなんですね。


樋口早知子

by kusunokien | 2017-04-11 20:00 | くすのき園つうしんより