<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リズムのある生活


● 一日のリズム

   8:45~9:00    登園
                お部屋での自由遊び

   10:30~11:00  朝の集い 
                ライゲン (リズム遊び)
                おやつ (園で作ります)

   11:00~12:30  外あそび (主に万代池にあそびに行きます)

   12:30~12:45  昔ばなしを聴いたり、人形劇をみます

   12:45~13:30  昼食 (お弁当) 
                降園


f0169856_1133598.jpg     ● 一週間のリズム 

     月曜日  クレヨン画 
     火曜日  ぬらし絵
     水曜日  手仕事
     木曜日  パンづくり
     金曜日  そうじ


           ● 一年のリズム

            4月   始まりの集い f0169856_11543883.jpg 
            5月   春の遠足
            7月   七夕まつり 
           10月   秋の遠足
           11月   収穫祭
           12月   クリスマス祭
            2月   節分
            3月   終わりの集い


誕生日会は、一人ひとりの子どもがかけがいのない大切な存在であることから、
原則として子どもの誕生日にお祝いをします。


→ おやつについて

by kusunokien | 2008-05-12 19:09 | リズムのある生活

おやつについて

おやつは、曜日ごとにさまざまな穀物を使って作ります。
穀物は、生命豊かな食べ物であり、栄養もバランスよく含まれているといわれます。
また、穀物は身体の機能が調和するように支えてくれます。


     月曜日   玄米せんべい

     火曜日   大麦ケーキ

     水曜日   きびだんご

     木曜日   パン (ライ麦・小麦)

     金曜日   ミーズリー (からす麦)


→ 入園募集要項

by kusunokien | 2008-05-12 18:58 | おやつについて

7歳までの子どもに大切なこと

f0169856_17104815.gif

1.からだを育てること

0歳~7歳までの子どもは、一生のうちで一番体が大きく成長するときです。
すこやかな体を作ることは、のちのち豊かな感情や自我が形成される土台となるものです。
そのためには、リズムのある生活が大切です。

毎日、毎週、毎年同じことが繰り返されること。
この繰り返しが子どもの心に安心を生み、すこやかな体を作ります。
「くすのき園」では、このような生活のリズムを大切にします。

2.意志を育てること

人が生きていくうえで、心の働きである思考、感情、意思はなくてはならないものです。
そのうちの意志は7歳までの子どもの中に強く生きています。

意志を育てるということは、
自分の人生に目的をもって行動できる人間に育てるということです。
意志は子どもの遊びや生活の中で育まれます。
子どもは「楽しそうだな」「やってみたいな」と共感したことを鏡のように真似ます。
それが遊びへと発展してゆくのです。

保育士は、子どもの遊びのお手本になるように、
料理や手仕事など生活に根ざした仕事をします。

また、おもちゃは想像力を育むような自然素材の素朴なおもちゃ、木の実や貝殻、
木の枝から作った積み木、手作りのお人形などを使います。

3.感覚を大事にすること

感覚は、私たちに世界を知ること、自分を知ること、他者を知ることを教えてくれる
大切なものです。
また、どの感覚器官もよりよく形成されるように促されるのは、
最初の7年間だけだといわれます。

ところが今の子どもたちはあまりにも強い刺激に囲まれ、感覚の扉を閉ざしてしまったり、
麻痺させられてしまっています。

このような状態から子どもを守り、子どもたちの感覚が育まれるよう、
静けさ、やわらかさ、暖かさのある環境を目指します。


→ リズムのある生活

by kusunokien | 2008-05-12 17:20 | 7歳までの子どもに大切なこと

保育士 : 樋口早知子

f0169856_15395929.jpg

1948年、大阪で生まれる。
1968年から保育所で37年間勤める。
乳幼児の保育のあり方を模索し続け、シュタイナー教育に出会う。
2006年に保育園を退職し、ミカエル・カレッジの幼児教育教員養成講座で学ぶ。
2008年卒業。
シュタイナーの深い思想、教育を学び、今の時代だからこそシュタイナー教育は子どもたちに
必要なものだと確信し、同年9月、長屋の一角で「帝塚山シュタイナーくすのき園」を開園。
2009年5月、我孫子に移転し、「くすのき園あびこシュタイナー幼稚園」として、再スタート。
お父さん、お母さん、乳幼児の保育に携わっている方たちとともに学びを深めていきたいと
思っている。

◆ブログ 「私を知る/シュタイナー思想から教育へ」  


→ 7歳までの子どもに大切なこと

by kusunokien | 2008-05-12 11:16 | プロフィール

リンク

ことばとドラマのためのシュタイナー学校「ことばの家」
http://www.kotobanoie.net/

シュタイナー人智学共同体「ひびきの村」
http://www.hibikinomura.org/


みのおシュタイナーこども園
http://kodomoen.web.fc2.com/


東広島シュタイナーこども園さくら
https://sites.google.com/site/steinersakura/home

by kusunokien | 2008-05-01 04:36 | Link