カテゴリ:7歳までの子どもに大切なこと( 1 )

7歳までの子どもに大切なこと

f0169856_17104815.gif

1.からだを育てること

0歳~7歳までの子どもは、一生のうちで一番体が大きく成長するときです。
すこやかな体を作ることは、のちのち豊かな感情や自我が形成される土台となるものです。
そのためには、リズムのある生活が大切です。

毎日、毎週、毎年同じことが繰り返されること。
この繰り返しが子どもの心に安心を生み、すこやかな体を作ります。
「くすのき園」では、このような生活のリズムを大切にします。

2.意志を育てること

人が生きていくうえで、心の働きである思考、感情、意思はなくてはならないものです。
そのうちの意志は7歳までの子どもの中に強く生きています。

意志を育てるということは、
自分の人生に目的をもって行動できる人間に育てるということです。
意志は子どもの遊びや生活の中で育まれます。
子どもは「楽しそうだな」「やってみたいな」と共感したことを鏡のように真似ます。
それが遊びへと発展してゆくのです。

保育士は、子どもの遊びのお手本になるように、
料理や手仕事など生活に根ざした仕事をします。

また、おもちゃは想像力を育むような自然素材の素朴なおもちゃ、木の実や貝殻、
木の枝から作った積み木、手作りのお人形などを使います。

3.感覚を大事にすること

感覚は、私たちに世界を知ること、自分を知ること、他者を知ることを教えてくれる
大切なものです。
また、どの感覚器官もよりよく形成されるように促されるのは、
最初の7年間だけだといわれます。

ところが今の子どもたちはあまりにも強い刺激に囲まれ、感覚の扉を閉ざしてしまったり、
麻痺させられてしまっています。

このような状態から子どもを守り、子どもたちの感覚が育まれるよう、
静けさ、やわらかさ、暖かさのある環境を目指します。


→ リズムのある生活

by kusunokien | 2008-05-12 17:20 | 7歳までの子どもに大切なこと