才能と障がい

ミヒャエラ・グレックラー著の「才能と障がい」という本を学びました。

私たちは子育てをするとき、その子の素質や才能を見つけることは喜びであり、障がいがあることがわかると失望し、できればその障がいを取り除きたいとも思ってしまいます。私も、大人が子どもに援助してあげることの大きな課題は、い ち早くその子の持っている素質や能力を見つけ、それを伸ばしてあげることにあると思っていました。 

しかし、この本の趣旨は、「子どもの持っている素質を多方面に援助するのではなく、一人ひとりが持っている苦手な部分や障がいと、その子が向き合うことができるようになるには何ができるのか。」ということにありました。

又、この本は、私たちの今までの価値観や生き方の問いにもつながっていくものでした。

まず、才能や障がいはどこからくるのか?という問いからはじまりました。

たいていの人は、それは遺伝と、育った環境によると答えると思います。では、何故、同じ両親から生まれ、同じ環境で育った兄弟はこうも違うのかという問いが出てきます。

この問いに対して、今では科学者の間でも新しい考え方が生まれてきているそうです。遺伝に関しては、予測できない新しい特徴を発生させる遺伝子があり、環境に関しては、個人が環境の影響を選択するからだといいます。同じ母親でも兄は、やさしい母親だと感じ、弟は、がみがみうるさい母親だと感じるように感じ方が個人によって違うと。すなわち同じピアノを弾く場合でも、弾く個人によってまったく違う弾き方をするということなのですね。

同じ遺伝子、同じ環境で育っても、人にはそれぞれ違う個性があり、何をどう選んで生きるかは個人に任されているのです。

人間と動物の本質的な違いは、動物には個性と自由がないということ。ライオンならライオンという種としての特徴はありけれど、一匹、一匹のライオンとしての個性はありません。動物は本能によってしか行動することができず発展という要素がありません。能力や障がいと共に生き、対処することを学ぶことは人間においてのみ意味があるのです。

けれども、自分の子どもが障がいをもって生まれたり、治る見込みのない病気にみまわれたりしたら「どうして自分の子がこんなに苦しまなければならないのか。」「どうして自分が。」と思ってしまいます。

グレックラー氏は「何故、私の子にかぎって。」という問いではなく、「私は、このことによって何を学べたのだろうか。」「これからの私の成長にこの事実がどう影響してくるのだろうか。」という問いに変えること。すなわち、悲しみや病気や痛みの意味を見出すことができれば、現在の障がいや困難をうまく処理することができるといいます。

グレックラー氏は、障がいや病気、辛い悲しい出来事は、それを乗り越えたとき、自分を向上させてくれ、自分を成長させてくれるものになるのです。と述べておられます。

では現在の社会において障がいと才能をどのようにとらえたらいいのでしょうか。

グレックラー氏は、健康な精神の活動を可能にする基盤は、認識と感情と意志が調和のとれた状態で一緒に作用しなければならないといいます。何故なら、私たちの人生は、考えたこと、感じたこと、意志したことから成り立っているからです。

その子の持っている才能や障がいの部分に多く目を向けたり、その面ばかりを重視したりすることは絶対にしてはならないといいます。特に才能があることを望ましい有益な素質だと本人自身が喜ばしく思ったり、反対に障がいがあることを、できたら捨ててしまいたい欠点だと考えて嫌がったりする意識を呼び覚ますと、本人が自由に生きることの邪魔になってしまうと。

グレックラー氏は、現在社会において最も大事な学校教育の課題は、偏った成長を防ぐことだといいます。意志を育てること。感情を育てること。思考を育てること。この3つのバランスが大切なのです。

今の社会は、意志も感情も育てるという意識がなく、ひたすら思考に走っているように思います。

知能が高くなればなるほど、高慢や冷酷になり、計算高く、思い上がりが強く、よそよそしい態度をとるようになる危険性が高くなります。知能だけ発達しても人間的になる保障はないと。

ある有名大学の医大生が女性にお酒を飲ませて集団で暴行したという事件がありました。彼らは、家庭環境にも恵まれ、成績も優秀だったに違いありません。けれども、人間的には育たなかった。そういう意味では、才能のある子を育てることの方が難しいように思いました。

グレックラー氏は人間的であるということがどういうことなのかも指し示してくれています。

  思考の理想像は真実。
  感情の理想像は愛。
  意志の理想像は自由。

この3つの理想像を心に描き、どうしたら真実に近づけるか、どうしたら愛する能力が得られるか、どうしたら自由な境地に達せられるかと問うてみるのです。

真実の対極にあるものは嘘と誤解だといいます。誰かを通して聞いたうわさを信じないということが大切です。

愛の正反対は、憎しみと恐怖です。憎しみは、小さな量でも、反感、無関心、他人への批判というさまざまな衣を着て現れるのだといいます。

自由の反対は、まやかしの自己賛美と打算的な権力志向です。 

そして、真実と愛と自由の前段階にあるものは、関心と評価と信頼だといいます。興味や関心が妨げられるものは、独断と批判であり、他の人を認知し尊重を妨げるものは、徒党を組むことであり、信頼関係が成り立つ前提は、目指す事柄を最も大切にし、個人的な好みに左右されないことです。 

自分の内部に住むこの人間性の敵を発見し、克服することができるようになることが大切なのだと。

最後の結びでは、どのような教育や環境で育ったとかで私たちの精神は左右されません。外部からの影響や人生での出来事が決定的に作用するのは、私たちがどのような姿勢でそれと向かい合うかによって決まるのだといいます。私たちがそれを宿命として受け入れるか、またはそれらから、私たちを未来に向けて導いてくれるものを引き出そうと心に決めるかで大きく違ってくるのです。と述べておられます。

人気のハリーポッターの小説では、持っている才能ゆえに、悪の道に陥った魔法使いに、自分が似ていると悩んでいたハリーに魔法学校のダンブルドア校長は、
「自分が本当に何者かを示すのは、持っている能力ではなく、自分がどのような選択をするかということなんじゃよ。」といいます。

すぐれた児童文学には、子どもたちへの素晴らしいメッセージがこめられているのですね。
私たちも生き方を問い直し、子どもたちによいメッセージを送ることができる大人になりたいものです。

樋口 早知子

by kusunokien | 2017-01-11 00:35 | くすのき園つうしんより

<< 2017年度 1学期 親子教... くすのきの秋みつけた 羊毛作品... >>