2012年度 夏期幼児教育講座 「シュタイナー幼稚園の特徴と実践」

シュタイナー幼稚園は、一般の幼稚園とどこが違うのでしょう。
シュタイナー幼稚園の特徴を一つひとつ学ぶ中で子どもたちの育ちを共に考えあうことができればと思っています。



今回は、実際に行われている誕生日会や歌や楽器なども体験していただきます。
家庭や保育現場で子どもたちと遊べる、ライゲンや手遊び、ゲーム遊びなども一緒に皆様と楽しみたいと思います。午後からは人形劇の制作と上演を行います。


  ■講座A 7月28日(土) 午前10時~12時 
  「シュタイナー幼稚園の特徴と子どもの育ち」

  ■講座B 7月29日(日) 午前10時~12時
  「シュタイナー幼稚園で行われている誕生日会と歌と楽器」

  ■講座C、D 7月28日(土)、7月29日(日) 午後1時~3時
  「人形劇 『かさじぞう』の制作と上演」



今回は大人のための講座ですので、お子様はできるだけお預けになってご参加ください。
子どものための保育もできませんのでよろしくお願いいたします。


講座C、Dにご参加の方は、ニードル針をお持ちください。
必要な方は150円で購入できますのでお申し込み下さい。


f0169856_16255022.jpg

場 所: くすのき園

参加費: 講座A、Bは各2000円、
      講座C、Dは2講座で3000円+材料費1000円

お申し込み: 電話かFAXでお申し込みください。(講座ごとの申し込みも受け付けます。)


◆講師紹介

白波瀬康子:グラフックデザイナー。シュタイナー教員養成幼児教育コース、シュタイナー美術要員養成を卒業。森の学校の担任。横浜で造形教室。キンダーガルデン星の子の担任を経て現在に至る。

樋口早知子:37年間保育所に勤務。乳幼児の保育のあり方を模索し続け、シュタイナーに出会う。ミカエルカレッジの幼児教育教員養成を卒業。くすのき園あびこシュタイナー幼稚園教師。

by kusunokien | 2012-05-09 16:28 | 学びの会

<< 2012年度 二学期の 「親子... 子ども時代を 幸せに過ごすこと... >>