「夏期講座に参加して」

8月15、16日の二日間、くすのき園にはたくさんのお客様が見え、
ほんわかと優しい空気で園を包んでくださいました。




ある方がおっしゃっていました。
「もっと、厳しい雰囲気かと思ったけれど、よかった~」と。

私は樋口先生を思いました。
先生はいつもにこにこして誰でも受け止めてくださる方。
そんな先生の下に集まってくださった教師の方や受講された方々は、初めてお会いするのにそうではないような、そんな雰囲気を互いに感じていたことでしょう。
人生は必然であって、私たちは必要であって出会っているんだなあとつくづく感じました。

二日間は、すべて完全でありました。
歌をうたったり、ライゲンをしたり、机を囲んで作り物をしたり、人形劇を見たりと、とても楽しく充実した二日間でした。

先生のお話も具体的で、現場にいらっしゃる方が多い中、皆さんそれぞれの環境に置き換えて学んでいらっしゃいました。

最後の日の集いで、ある方が「こうして出会った私たちは仲間です。」とおっしゃいました。
色々な思いはありますが、皆さん心の奥では「私たちは大丈夫、絶対うまくいくよ。」という
確かなものを感じていたのではないでしょうか。

講座が終わり、数日が経ちますが、幼稚園にはまだあの優しいピンク色の空気が漂っています。
講座の準備をしてくださった先生方はじめ、来てくださった方々、すべての方に感謝すると共に、皆様のご活躍をお祈りいたします。

f0169856_20545674.jpg


篠田恵子

by kusunokien | 2009-09-07 23:12 | くすのき園つうしんより

<< なつきちゃんのお母さんより  ボランティアスタッフ募集 >>